またもや仮想通貨が流出。問われる業界セキュリティ。

仮想通貨取引所「ザイフ」で
67億円相当の仮想通貨が流出。

またか、と言わざるを得ない
仮想通貨の不祥事。

仮想通貨そのものの安全性が
問われる事態となった。

またもや流出。その額は67億円

少し前に、コインチェックという
仮想通貨取引所から580億円分という
多額の仮想通貨が流出した。

前代未聞の流出額で、業界関係者は
もちろんのこと、一般消費者にまで
飛び火する内容となったことは
記憶に新しい。

そして今回は、Zaifという取引所で
67億円相当が流出。

テックビューロという会社が運営する
取引所で、国内の取扱高の順位は
第4位という取引所だ。

仮想通貨取引所の中でも大手に
属するもので、それなりに
利用者も多い。

流出額は以前のコインチェックと
比べると約10分の1だが、それでも
仮想通貨が危ないというイメージを
植え付けるには十分だろう。

流出した原因は、外部からの
不正アクセス。

要は、泥棒がザイフの社内に
侵入し、金庫をあけて盗んで
いったイメージ。

セキュリティ対策とか
してるんじゃないの?と
思ってしまうが、その対策が
不完全だったということだろう。

ザイフという取引所

前に流出問題を起こした
コインチェックは、多額の損失
補填を行い、火の車となった。

結果、マネックス証券のグループに
身売りをする結果に。

そして今回の騒動の渦中にある
ザイフも、既に身売りの準備を
着々と進めていた。

身売り先は、金融情報を
提供する「フィスコ」だった。

金融業界に勤める人間なら
必ず聞いたことのある企業で、
株などをしている人にも馴染みの企業。

そんなフィスコと身売り交渉を続けており、
身売り額は50億円と言われている。

50億円で会社を買うのに、その会社から
67億円が無くなった。

この買収も今から二転三転することが
予想される。

そもそも、ザイフの買収には
楽天が意欲的だった。

ところが、結果的にフィスコに
なびいたのは、その買収金額。

だが、結果的にフィスコは
ハズレくじを引いてしまった。

いろいろと妄想

楽天が買いたかった会社を、
フィスコが横どり。

結局楽天は別の仮想通貨取引所を
買収し、仮想通貨市場に参入。

ひょっとして、楽天が腹いせに
ザイフを攻撃したのか?と
妄想したが、それもちょっと違いそう。

今回の流出騒ぎでは、前回の
コインチェックの流出騒動が
風化してきているときに起こった。

今から仮想通貨取引に参加しようと
思っていた投資家に対して、その意欲を
剥ぐには十分なニュースとなった。

つまり、仮想通貨取引自体に
大きな不安を抱えさせるもので、
同業者にも影響がある。

とすれば、ザイフを攻撃したのは
一体どこだろう。

またもや勝手な妄想だが、フィスコは
50億円という買収額で動いていたが、
もっと安く買いたいはず。

現段階で流出騒ぎがあれば、
それを理由にもっと安く
買うことができる。

そう考えれば、攻撃したのは
フィスコ・・・・
なーんて、勝手な妄想が膨らむ。

どこが攻撃していたとしても、
仮想通貨の業界に影響を
与えることは避けられない。

最近は値下がりしていた仮想通貨、
今後の動きはどうなるのか。

そして、投資対象として考えて
大丈夫なのか。

もちろん、投資判断は自己責任だが、
下がったときこそ買い時、という
考え方もある。

 

こんな記事も読まれています

  • 株価の大幅下落について
    クリスマスの大暴落。 株を保有している人にとっては とんでもないプレゼント。 下げ幅も記録的な大きさで、 市[...]

人気の学習カリキュラム

教えて編集長!投資に関する疑問にお答えします
  • 無料会員受付中入会費ゼロ年会費ゼロいますぐ登録
  • 12ヶ月ベーシック会員なら9800円で1960円OFF

マネヤックセミナー情報はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です