実践:買ったら売らないといけない!株式の分析_信用残による銘柄選定

株式の場合、信用取引という種類がある。
もちろん一般の人も証券会社の審査を経て
信用取引の口座を開設することが可能。

機関投資家も、運用成績を最大限高くするために、
信用取引を行う場合が多い。

しかも、ただでさえ大きな資金で株価に
影響を与えやすい機関投資家だが、
信用取引ともなると、3倍程度の
取引資金となるので、その影響はとても大きい。

機関投資家の信用取引の状況を見ることで、
銘柄の今後の動きを予測する材料となる。

このコンテンツを閲覧するには、ログインが必要です。

こんな記事も読まれています

  • マネヤック1年生カリキュラム卒業テスト
  • 1年生カリキュラムの卒業テスト
    1年生カリキュラムの卒業テストです。マネヤックセミナーの「投資家への登竜門!初心者株投資コース(全6回)」の予習や復習に[...]

人気の学習カリキュラム

教えて編集長!投資に関する疑問にお答えします
  • 無料会員受付中入会費ゼロ年会費ゼロいますぐ登録
  • 12ヶ月ベーシック会員なら9800円で1960円OFF

マネヤックセミナー情報はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です