本日11時から、公式サイトで宝くじが買えるように!

今日(24日)の11時より、
宝くじ公式サイトにて
宝くじが買えるようになる。

え?今まで買えなかったの?
と思う方もいるだろう。

今日は宝くじについて。

今までは買えなかった?

結論から言えば、今までもネットで
購入することはできた。

ただし、指定された金融機関の
口座を開設していることや、
その金融機関のサイトからでないと
購入できなかった。

指定された金融機関口座からの
引き落としで買う方法しかなかった。

簡単に言えば、不便さがつきまとう
ネット販売、といったところ。

そして今回は、金融機関に関係なく
公式サイトで買えるようになる。

しかも、クレジットカードでの
購入も可能。

様々な制限があった宝くじネット販売は、
本日、全面的に解禁されるわけだ。

スクラッチくじ以外は、すべての
種類の宝くじが購入可能。

しかも、1%のポイントがつくらしく、
次回の購入時にはそのポイントを
消費して購入が可能となる。

当選した場合は、その当選金も
自動的に支払われ、換金忘れも
なくなる。

当選を確認するような手間も
省ける。

宝くじの現状

宝くじは、昨年度の売上が
7800億円。

大きい数字だが、実はここ数年は
着実に売上が減ってきていた。

10年前くらいは、1兆円を超す
売上があった。

様々な理由が取り沙汰されているが、
宝くじ離れがすすんでいた。

そして今回のネット販売解禁で、
売上回復を見込む総務省がいる。

ちなみに豆知識だが、宝くじの
収益金は販売した各自治体へ
振り分けられる。

しかし、その割合は約40%で、
しかも謎の公共団体に振り分けられる。

以前、事業仕分けでも指摘されていたが、
公益法人のすべてが、官僚の
天下り先だったことが判明し、
大きな話題をさらっていた。

そしてもうひとつの豆知識。
宝くじ売り場は、審査等はあるものの
誰でも開業することが可能。

300円のくじを1枚売ると、その
6%にあたる18円が収益となる。

10枚3000円で180円。
100枚30000円で1800円。
1000枚300000円で18000円。

この利益率がいいと思うか
悪いと思うかは人それぞれだが、
誰でも商売として検討も可能。

宝くじはギャンブル?

お金が絡むものには、還元率と
呼ばれる概念が存在する。

いわゆる、投資した金額のうち
いくらが返ってくるか、だ。

還元率が100%を超えれば
儲かる、という認識で。

パチンコなどは、約85%。
競馬や競輪などの公営ギャンブルは
約70%。

そして、宝くじはなんと約47%。
つまり、「負ける」ものということ。

それでも買う人がいるのは、
やはり一攫千金の夢が
詰まっているからだろう。

300円で宝くじを購入し、
1等が当たれば数億円。

この倍率は、パチンコや
競馬では実現不可能だ。

ただ、当選確率は1000万分の1と、
極めて低い。当たり前だが。

東京都の人口が1200万人くらい。
東京に山程いる人の中で、
たった一人が当選する、というもの。

冷静になって考えれば、まぁ
当たることはないだろう。

しかし、「もし当たったら・・・」
という夢は捨てきれない。

当選はあまり期待せずに、
自治体への寄付のつもりで
購入する方がいいだろう。

寄付の心で購入しつつも、
「もし当たったら・・・」と
当選金の使いみちを考えることで
楽しくなってくる。

なので、今日の結論。
宝くじは「ギャンブル」ではなく、
「寄付」である。

 

こんな記事も読まれています

  • 今度は夏の9連休に備えよ!
    史上初となった公式な 10連休のGWが終わり、はや1ヶ月。 新年号が馴染んできたかなーと 思う矢先に、今度は9[...]

人気の学習カリキュラム

教えて編集長!投資に関する疑問にお答えします
  • 無料会員受付中入会費ゼロ年会費ゼロいますぐ登録
  • 12ヶ月ベーシック会員なら9800円で1960円OFF

マネヤックセミナー情報はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です