NTT東などがドローンで残業監視サービス

ドローンの活用で新サービスの話。

NTT東日本と警備会社・ベンチャー
企業の3社連携で、ドローンの
警備システムが登場。

今日はサービスの中身と、
その賛否について。

ドローンが夜通し巡回

このサービスは、フロアを
ドローンが巡回する。

ドローンは決まった離発着場所があり、
自動だが遠隔捜査も可能。

就業時間を過ぎても残業をしている
社員を発見すれば、近づいて
「蛍の光」を流すんだとか。

ドローンにはカメラが搭載
されており、誰が残業して
いるのかを記録する。

リアルタイムでも総務に
映像が届くので、警備員の
配置や残業の抑制に期待
できるとのこと。

ちなみに、月額の利用料金は
50万円。

ネット上では否定的な意見が多い

あくまでネット上での意見だが、
否定的な意見が多い。

例えば・・・

「30万くらいで警備員雇った
方がよくね?」

「パソコンにカメラつければ
いいんじゃね?」

「そもそも、強制的に
電気消せばいいじゃん」

「50万で蛍の光を流す
バイトを雇えばいい」

「そもそもドローンを
使う理由ってなくね?」

などなど。
さて、私個人の意見としては、
ネットの批判的な意見に同意だ。

だが、あくまでも今回の報道内容に
関してのみ。
おそらく、これで終わらない。

ポイントはドローンの屋内使用

ドローンが出てきてから、
その用途には様々なものがある。

農業で広大な畑に農薬を散布
するとか、建設中の建物を
様々な角度から撮影するとか。

しかし、どれも屋外での使用が
当たり前だった。

今回は、屋内での利用。
この取り組みによるデータは、
その後の屋内使用のデータになる。

さすがに一般宅内はまだ先だろうが、
例えば大型ショッピングセンターなど。

見回りとしての使い道は当然だが、
例えば移動式自販機とか。

フードコートなどでの
席への配膳などもいいかもしれない。

屋内というだけで様々な
リスクが想定されるが、
今回のサービスの結果を踏まえれば
リスクへの対応が出来る。

一見、馬鹿らしく見えるサービスだが
その裏で進むものはなんだろうか。

機械による作業でますます
人手が必要なくなる。

いいのか悪いのか・・・

 

こんな記事も読まれています

  • 決算発表の、下方修正銘柄
    決算発表シーズン。 特に今回は、本決算前の 企業が多い。 その中でも、業績が思ったよりも 良くない場合に行う[...]

人気の学習カリキュラム

教えて編集長!投資に関する疑問にお答えします
  • 無料会員受付中入会費ゼロ年会費ゼロいますぐ登録
  • 12ヶ月ベーシック会員なら9800円で1960円OFF

マネヤックセミナー情報はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です