他人のクリスマスと比べてみよう。クリスマスデータ編

メリークリスマス!
を何回言っただろうか。

自分は関係ないという
人も、周りのクリスマス
の雰囲気に飲み込まれる。

そんな無視できないイベント
クリスマスにまつわるデータを
ご紹介。

どう過ごした?

パートナーがいる方にとっては、
ここぞと言わんばかりの
アニバーサリーだろう。

多少のヒガミも入るだろうが、
24日、25日のレストランは
カップルしかいなさそう。

まずは、そこらへんの数字を
拾ってみよう。

■クリスマスを一緒に
過ごした人の割合

パートナー(恋人・配偶者)・・・45%
子供・・・25%
一人で過ごす・・・20%

5人いたら、そのうちの
1人は、ロンリークリスマス。

■クリスマスの予定は?

特になし・・・42%
ホームパーティ・・・21%
外食・・・9%

半数近い人が通常通り。
意外とみんな出不精。

■自宅に装飾を施すか

何もしない・・・61%
ツリーを飾る・・・15%
ツリーやオーナメント・・・22%

飾り付けをする人がそんなに
いるんだ、という印象。
後片付け大変そう。

カップルを忘れよう

どうしてもカップルに
目がいきがちだが、
一旦カップルは忘れてみよう。

■クリスマス経済効果は?
約7,000億円

参考:ハロウィン1345億円
バレンタイン1385億円

イベント経済効果は、クリスマスが
ダントツのトップ。

■クリスマスでの平均出費額は?

男性・・・1万7,637円
女性・・・1万1,662円

なんだかんだで出費が多い。
気持ちが緩むのだろう。

■世帯のケーキ消費率

12月・・・約9割
(通常月は5割)

確かにケーキは食べた。
なんだかんだでケーキは
食べている気がする。

【番外編】気になる調査結果

■クリスマスだけの恋愛関係
(デートをする等)をどう思いますか?

女性の5割以上が
「クリスマスだけの恋愛関係は
“アリ”」と考えている

念のため言っておくが、
男性目線ではない。

理由は様々だが、とにかく
ぼっちのクリスマスは
避けたいと思う傾向があるっぽい。

特に女性は、ぼっちクリスマス
は負け組、と思う傾向にある。

■サンタクロースの存在を何歳まで信じていたか

覚えていない・・・21%
4〜6歳・・・19%
1〜2年生・・・14%
今でも信じている・・・2.6%

現実的な数字だが、
なんとなく悲しい。

歳を追うごとに現実的な
思考になり、サンタクロースが
いなくなっていく。

しかし、わたしは思う。
サンタクロースはいる。

それは、髭を生やし、
赤い服を着ているわけではない。

人物ではない。気持ちの持ちよう。
少しでも幸せな時間があったなら、
それはあなたにとってのサンタ。

サンタさん、ありがとう。
こう思えるようになれば、
どんなクリスマスでも楽しい。

そしてその逆も。
クリスマスを楽しめなかった人は、
サンタのせいにすればいい。

サンタが来てくれなかった。
だから楽しくなかった。

サンタとは、皆の偶像崇拝の
産物であり、常にあなたの
心の中に存在している。

 

こんな記事も読まれています

  • 1億円以上の役員報酬、457人。
    内閣府令に基づき、有価証券報告書への 記載が義務付けられたことを受けて、 上場企業役員の1億円以上の報酬受取人数[...]

人気の学習カリキュラム

教えて編集長!投資に関する疑問にお答えします
  • 無料会員受付中入会費ゼロ年会費ゼロいますぐ登録
  • 12ヶ月ベーシック会員なら9800円で1960円OFF

マネヤックセミナー情報はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です