今日は大納会。今日で今年の株取引が終了。来年はいつから?

大波乱とも言える株価の動きを
見せているが、そんな不安定な
株式市場は今日でおしまい。

ご存知の方も多いかもしれないが、
その日程と行われる行事も
確認しておこう。

株取引の最終日

1年で最後の取引の日。
この日を「大納会(だいのうかい」
と呼ぶ。

いつもなら12月30日なのだが、
今年は29日が土曜日、30日が
日曜日のため繰り上がって
28日の今日が大納会となる。

昔は取引時間帯も違ったりしていたが、
今は通常の取引時間と変わらない。

「大納会」という内容でニュースにも
出ると思うので、言葉は覚えておこう。

そして、実際の取引でひとつ
注意したい点がある。

それは、「今年の損は今年のうちに」
と思って今日売却しても、実際には
来年度の取引となる点だ。

株取引は、売り買いはその場で
決定するが、実際の受け渡し日という
ものが4営業日目となる。

なので、今日買った株は実際には
来年の1月8日に買ったことになる。

マイナスが出ているからと言って
今日売却すれば、マイナス分は
新年に持ち越してしまうので用心を。

そして、新年の最初の取引は1月4日で、
「大発会(だいはっかい)」と呼ばれる。

これもニュースに出るので、言葉は
覚えておこう。

大納会と大発会

大納会は、毎年その年の著名人を
招いてのイベントが開催される。

今年はサッカー男子日本代表を
率いていた西野監督が登場。

ちなみに、歴代で言うと
レスリング女子の吉田沙保里や
伊調馨なども登場したことがある。

長島茂雄や石川遼など、
スポーツ分野からの登場が比較的多い。

その他でいうと、毛利衛や
茂木健一郎なども。
あと、くまモンも・・・

大発会は、晴れ着の女性がずらりと
並び、新年を彩る。

大発会も大納会も、取引所にある
鐘を鳴らしてのセレモニーとなる。

まぁ、知っていたからといって
何が変わるわけでもないが・・・

大方の株価の動き

あくまで一般論だが、大納会も
大発会も、上げて終わることが
多いと言われる。

イベントというか、もうお祭り気分で
無理やり上げている、という噂も。

ただ、実際には大納会も大発会も
上げて終わったことは半分くらい。

逆に言えば、半分は下げて終わっているので、
迷信と言っていいだろう。

深層心理でよく話をされるのが、
大納会の場合には株式市場が
今年は6日も空く。

そうすると、6日間の間に国際情勢や
大きな天災などが起こっても、
株が売却出来ないので、リスクヘッジと
して手仕舞い売りが多くなる。

ここは私個人の予想だが、
今日は下げて終わるのではないかと
思う。ハズれたらすいません。

ただ、大発会に関しては
ご祝儀相場とも呼ばれ、特に
悪いニュースがなければ上がる。

大納会に仕込んで、大発会で
売却して、お年玉をもらうような
取引もアリかも。

さて、このブログも今年は今日で終わり。
週末は大寒波が来るらしいので、
皆さんお気をつけて。

それでは、来年4日にまた
お会いしましょう。
良いお年を!

 

こんな記事も読まれています

  • 決算発表の、下方修正銘柄
    決算発表シーズン。 特に今回は、本決算前の 企業が多い。 その中でも、業績が思ったよりも 良くない場合に行う[...]

人気の学習カリキュラム

教えて編集長!投資に関する疑問にお答えします
  • 無料会員受付中入会費ゼロ年会費ゼロいますぐ登録
  • 12ヶ月ベーシック会員なら9800円で1960円OFF

マネヤックセミナー情報はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です